オーディオ・アニマトロニクス作成中
Pocket


オーディオ・アニマトロニクスを作っています。基本的にはディズニーランドのアトラクションのようにプリレコーディングのボイスとそれに合わせて口や目、体などをアニメーションさせるものですが、以下のような独自の特徴を持ちます。


  • 音声やモーションデータをクラウドからダウンロードし、後から自由に性格や行動を変更可能
  • HVC-C1BとBluetooth経由で連携して、人の顔を検出し、インタラクティブな会話が可能


  • 下の動画は現在動いているArduinoとオムロンHVC-C1Bを組み合わせたプロトタイプです。
    目の前に人を認識すると喋り出します。このプロトタイプではPCとHVCがBluetooth LEで通信をしており、人を検知したタイミングで、PCからArduinoにシリアル経由で信号を送っています。完成形ではArduinoの代わりにIntel Edisonを使い、PCを介さずにEdisonとHVC間でデータ通信を行う予定です。





    完成形はこんな形の動く蛇になる予定です。


    hebi


    まだ未完成ですが、造形部分はクレイモデルで型を作るところから始めています。この型をベースにして、シリコンまたはラテックスで中が空洞で柔軟な空洞皮膚を作る予定です。


    dsc_1470


    関連記事一覧