JP / EN
Beyond Greatness
Curiosity is a creative company which produce entertainment spaces
by state-of-the-art technology, story and design.
WORKS
キャラクターCG
curiosityでは、デジタルアトラクションの開発で培ったノウハウを生かし、キャラクターの3DCGおよびアニメーション制作の制作を承っております。 オリジナルデザインのご提案はもちろん、2Dキャラクターの3DCG化、Vtuber化、3Dプリンターによるフィギュア化のご相談も可能です。 CGキャラクター制作事例 最新作”The Land of OZ”に登場するCGキャラクター “Over Looking the Earth”に登場するCGキャラクター インスタレーション”妖精の住む庭”に登場するCGキャラクター その他事例 お問合せは以下フォームよりお願い致します。
Hockel
プロジェクションマッピングを活用した新しいデジタルスポーツ「Hockel(ホッケル)」 足を使って光のボールを打ち合い、相手のゴールに入れて得点を競う、新感覚のデジタルホッケーゲームです。 プレイに必要なものは「床」だけ!プレイヤーに特別なデバイスは装着せず、身軽な状態で楽しむことができます。 現在、導入希望を受け付けています! ご興味ある方はぜひご連絡ください! ■ プレイ時間は60秒、とにかくゴールを決めまくれ! 床に光る「スタートボタン」をタップしたら即、試合開始! 試合時間60秒のうちに、どれだけ相手ゴールへ光のボールをシュートできるか、相手の攻撃をいかにディフェンスできるかが勝敗を決めます。 ■ 残り20秒から大逆転チャンス!人数に応じて光のボールが増加! 残り時間が少なくなると、光のボールが人数に応じて追加される。 前半戦でコツを掴めなかったプレイヤーも、後半から一気に巻き返せるゲーム設計になっています。 ボールが増える分、自滅点も増加してしまうので要注意です。
Hapmap
必要最低限の機能を備えた 超軽量プロジェクションマッピングツール Hapmap 公式サイト Hapmap ダウンロード プロジェクションマッピングは近年、広告やアート作品、アトラクションなどのエンターテインメントを含め幅広い用途で活用されています。そんな中、使われているプロジェクションマッピングの投影補正ソフトウェアは、非常に多くの機能を備えたハイエンドなツールが大半であり、実際に使用する機能は僅かであるにも関わらず、高い導入コストを払わなければならないという問題がありました。Hapmapは、機能を最低限に絞ることにより、導入コストを抑え、より多くの人に、手軽にプロジェクションマッピングを楽しんでもらうことを目的に開発されました。 Hapmapは、2019年1月現在、BETA版を無料で配布しており、2019年4月末まで商用・非商用問わず、あらゆる用途にお使い頂けます。 また、2019年近日中に正式版リリースを予定しており、そちらは利用期間の制限なくお使い頂ける予定です。 Hapmapが提供する機能 ・複数台のプロジェクターやモニターに対して投影範囲を自由にレイアウト ・四角形・三角形などの基本図形の組み合わせによる柔軟な投影補正 ・Windows/Mac両プラットフォームに対応 ・Spout/Syphonなどのライブストリームに対応 ・エッジブレンディング(正式版で実装予定) ・外部カメラと連動した自動投影補正機能(正式版で実装予定) Hapmap 公式サイト Hapmap ダウンロード
デジタルボールプール「nature balls」
「nature balls(ネイチャーボールズ)」はKinectを活用したデジタルボールプールアトラクションです。 ボールプールをただデジタル化しただけではなく、ボール1つ1つを「水」「火」「光」「木」等自然のエレメントで構成し、それぞれのボールで構成される世界を表現しました。 体験者がそれぞれのエレメントを、キャッチしたり・なげたり・蹴ったりすることで、壁の中の世界はどんどん変化していきます。 また、自分でお絵かきした絵をスキャナーで取り込むことで、自分で描いた世界でひとつだけのデジタルボールで遊ぶことができます。 ふりそそぐ自然のボールをあつめて、壁の世界にドラマを起こす。 壁の中の世界は、自然の特徴をもつ4つのボールで作られています。 「火のボール」はくっつくと巨大な炎になり、「水のボール」は集まると池や海に変化します。「光のボール」は水をキラキラと反射させ、「木のボール」は積み上がったり「火のボール」によって燃えたりと、それぞれのボールが特徴をもって、世界を構成しています。 誰もいない時は、自然のボールたちは静かに循環していますが、体験者がちょっかいを出せば出すほど、世界はどんどんドラマチックに変化していきます。 描いた絵をキャッチしたり、なげたり、蹴ったり、集めたり。 描いた絵をデジタルに取り込めるアトラクションは数多くありますが、 おえかきボールは「自分の描いた絵が動いた!」という体験にとどまらず、体を動かして絵に触れることができるので、絵をキャッチしたり・飛ばしたり・蹴ったり・集めたりして、新しい遊びを作ることができ、老若男女問わず楽しんでいただけます。 本アトラクションは栃木県真岡市の真岡市情報センター4Fで常設展示しております。 体験時間は無制限(出入り自由)。入場無料。
巨大キャラクターへのプロジェクトションマッピング+リアルタイム顔ハメ
本コンテンツは、としまえんにて開催された、株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント様の 『ゴーストバスターズ』BD&DVD&デジタルリリース記念スペシャルイベントのプロモーションイベントのコンテンツとして、制作致しました。 撮影ブースで写真を撮ると、巨大キャラクターの顔が自分の顔に変化する、リアルタイム顔ハメ&マッピングを提供しました。 体験者がいないときは、クリスマス・ツリーをマッピングで照射しています。 当日は、ゲストとして鈴木奈々さんが登場し、LINE Live での生中継も行われました。 鈴木奈々がゴーストバスターズのローワンに!?「意外とイケてる」 「ゴーストバスターズ」BD&DVD発売記念イベント2
ヘンシン!がっき
カラダ全身で楽器演奏!
インタラクティブ音楽コンテンツ
VR TRIP
360°VR映像コンテンツ
バーチャル世界旅行アトラクション
Product Design #2
最先端のセンサを収めるケース
3Dプリント+塗装
Overlooking the Earth
全天周プロジェクションマッピング+ロボット
地球と宇宙を学べる教育エンタテインメントショー
Repl-AI
webブラウザで入力して線をつなぐだけ
対話AIを簡単に作成できるプラットフォーム
SOLUTIONS
現実世界にMRとして出現するオズの国で、あなた自身が主人公となり、謎やギミックを解き、モンスターと戦って冒険する物語体験です。 ストーリーは「オープンシナリオ」で構成されており、あなたの選択によって物語が変化していきます。 Innovation World Festaのブースでは「MRヘッドセット」を装着することで、冒険の一部をよりリッチなファンタジー世界として体験いただくことができます。 また、ご家庭で楽しめるARアプリも近日公開予定です。 ■ アイテムを探したり、謎やギミックを解読して物語を進行する! ■ 魔法を使ってモンスターを戦う場面も! 詳細はお問合せフォームか info@curiosity-inc.jp までご連絡ください。
VRやARなどのデバイスを使わずに、ファンタジーの世界をリアルに体験できるアトラクション「Real RPG」シリーズの第一弾作品。 ■ VRやARデバイス不要の、魔法の世界体験「Real RPG」シリーズ 「Real RPG」シリーズは、従来のARやVRのように特別なデバイスを必要とせず、生身の体のままで魔法の世界に入り込む体験を可能にした、curiosity株式会社の完全オリジナルアトラクションシリーズです。 ■大型ロボット × モーショントラッキング × ホログラフィック。  最新鋭の技術で魔法の世界を現実に再現! 大型のロボットと透明スクリーン上のホログラフィック投影、モーションキャプチャを組み合わせた最新の技術表現によって、「実際に現実世界に現れる敵モンスター」に対して、魔法を駆使したバトルを実現しました。同システムは現在特許出願中。 ■ 動く巨大モンスターロボットと、魔法でバトル! 本アトラクションで巨大なモンスターとして登場するのは、完全自社制作の巨大ロボット。 動く、しゃべるだけではなく、同社ロボットの特徴である「Eye Display」によって、生き物らしいイキイキとした感情表現を実現しています。 下記「魔法の杖」や3DCGアニメーション、舞台演出と一体となり、臨場感あふれるファンタジーの世界を体験できます。 ■ 3種類の魔法を駆使することができる、魔法の杖! モンスターと相対する体験者がバトルに使用するのは、冒険の途中で手に入れる「魔法の杖」。アトラクション会場に散りばめられた「魔法の紋章」に杖を向けることで、3種の魔法を使えるようになります。 〈炎の魔法〉・・・・自然を焼き尽くす、炎の力を借りる魔法。 〈水の魔法〉・・・・地獄の業火をも消火する、水の力を借りる魔法 〈自然の魔法〉・・・悪しき水を吸収する、草花の力を借りる魔法 詳細はお問合せフォームか info@curiosity-inc.jp までご連絡ください。  
テーマパーク、博物館などの施設向けに、最新技術で遊具を企画開発。既存遊具リノベーションも。
描いた絵が空を舞ったり、バーチャルリアリティーなど全身で体験するエンタテインメント作品。
企業ブランドや商品特性をPRできる、エンターテインメント向けロボットをフルカスタム自社作成。
プロジェクションマッピングやロボット使用した、ライブ会場やPRイベントブースでの企画演出。
映像からプロダクトデザインまで。企画/デザイン/制作までワンストップで作成可能。
最新技術を用いた「モノづくり」を常にチャレンジ。企業や研究室と共同で研究開発も実施。
NEWS
ABOUT
TECHNOLOGY
STORY
DESIGN
Curiosity is a creative company which produce brand-new experience and attractions by state-of-the-art technology and space design. We hope that being inspired by our product makes a "formative experience" for people.

In my childhood, I myself was inspired by an attraction with huge display at the World Expo and decided to create something like that in the future, which is my formative experience.

We believe, that kind of experience comes from not just a greatness -- something beyond it. This is our belief which we put into our products. Let's enjoy making a future together!

COO Tetsuya Satoh
MEMBER
Takahiro Poly Horikawa
CEO & Engineer
Pocket

Poly is Chairman and CEO of curiosity. Poly has intense experience in a wide range of engineering, such as web, mobile, robotics, machine learning and image processing. Prior to curiosity, Poly was an software engineer at Yahoo, Inc. at Silicon Valley and then back to Japan to found his own company.
Poly holds a B.S. in mathematics from the University of Tokyo.
Poly is a co-president of JTPA, which is the biggest NPO for Japanese engineers in Silicon Valley.
Tetsuya Satoh
COO & Producer
Pocket

Tetsuya is COO of curiosity. Prior to joining curiosity, Tetsuya was a producer of Walt Disney Company. Based on a deep knowledge of amusement parks and an intense experience of producing them, he has a strength in production, storytelling and design direction.
Tetsuya holds a M.S. from the Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo.
Acari Neco
Art Director
Pocket

Neco is an art director of curiosity. Prior to joining curiosity, neco was involved in a lot of advertisement projects as an art director and a designer of several companies, including Beacon Communications K.K.. Neco won several advertisement awards as a designer by her own product as well as company’s project. Neco also has a strong skill in making 3D object, such as robot.
Neco holds B.A. in Industrial Design from the Shizuoka University of Art and Culture. Neco is a regular member of JAGDA.
Yutaro "World" Tanaka
Software Engineer
Pocket

“World” is a Software Engineer of curiosity. “World” was involved in a lot of web projects as a full-stack engineer of several companies and his own projects. “World” has strong skills in web application development using JavaScrirpt and Ruby. “World” holds a B.Engineering from the Aoyama Gakuin University. “World” loves Rubik’s Cube deeply.
COMPANY
  • Company Name
    curiosity, inc.
  • HQ
    Shoko Building 8F, 3-10, Kandajinbocho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan, 101-0051 (MAP)
  • Chairman
    Takahiro Poly Horikawa
  • Founded
    Sep 28, 2015
  • Main Bank
    Japan Net Bank
  • Capital
    1.5M JPY
  • Main Business
    Robot Development, Visual Creation, Interactive Design, Installation Development, Entertainment Space Production, Attraction Development, Application Development
  • Contact
    +81-3-6272-4568 info@curiosity-inc.jp
CONTACT
Company

Name (Required)


Email (Required)

Subject

Message

Please check the following box, then click send button.
Confirmed :